Archive for the ‘慰謝料辞典’ Category

弁護士に頼むと慰謝料が上がる仕組み

2020-10-20

~弁護士に頼むと慰謝料が上がる仕組み~

皆さんこんにちは

横浜市で交通事故に強い弁護士が、保険会社の慰謝料提示について解説をしようと思います。まず、最初に知っておいていたがきたい結論として、保険会社の提示は、弁護士に交渉を依頼することによって「増額可能性」があります

 

なんで上がるの?

 

ホント? 弁護士に頼むだけで、なぜ上がるの?

そういった疑問もあるかとは思いますが、それには仕組みがあるんです。

では、解説していきますね。

 

 

1 保険会社の提示は保険会社が決めた金額である

 このことを、まず頭に入れてください。そもそも、「慰謝料」とは精神的苦痛を慰謝するために、法律上認められているものなんですね。そのため、その金額は「裁判になった場合、一定の基準がある」んです。

 しかし、保険会社は、保険金の支払いをできるだけ抑えたいと考えています。そうしないと、会社として利益を出すことができないからですね。

 なので、保険会社は裁判で支払いが認められる相場金額よりも、低い金額を提示することによって会社の利益を守ろうとしているんですね。

 保険会社は、額が低ければ低いほど会社の利益を守ることができるので、交通事故の被害者にはなかなか裁判通りのお金を払わないのが実情なんです。

 

2 弁護士の役割とは?

 そこで、交通事故に強い弁護士の出番です。弁護士は、保険会社と交渉するとき、あらかじめ慰謝料がいくらくらいになるか、というのを理解しています。

 なぜなら、さきほどいったように、慰謝料には裁判になった場合の基準があるからです。

 その基準を、弁護士は専門書籍や裁判例を読んで、調べるんですね。

 保険会社からの提示額を、弁護士が計算し直すと、「多くの場合、増額します」。多いときには、2倍にも3倍にもなるでしょう。

 

3 なぜ弁護士が入ると保険会社は慰謝料を上げるのか?

 多くの場合で、弁護士が入ることによって、保険金の支払いは増加します。

 理由はいろいろ考えられますが、考え方としては下にのべるものが中心となります。

(1)裁判になったら、どのみち支払わなければいけない額であるから

(2)慰謝料の増額を断って裁判になったら、保険会社にとっても時間と手間の無駄だから

(3)慰謝料を上げても大丈夫なように、保険料や保険金の支払い額を決めている

 

上がると嬉しい!

このような理由から、弁護士が介入した場合は、保険金を上げる保険会社が多いんですね。

 ポイントは、「裁判」です。裁判は、普通の人がやるのはなかなか難しく、弁護士が行うことが多いです。なので、保険会社は普通の人が「保険金を上げてくれ」と交渉しても応じないことがほとんどなんです。

 

 

 

交通事故で被害にあわれた方、ご自身の保険金額が適正なものかどうか、ぜひ一度横浜クレヨン法律事務所にご相談下さい。横浜クレヨン法律事務所では、慰謝料を増額できるかどうか、無料法律相談を実施しておりますので、「自分の保険金が上げられるか知りたい!」という方の連絡をお待ちしております。

トップへ戻る

0454795928電話番号リンク 問い合わせバナー