弁護士への相談は早期がおすすめ

弁護士への相談は早期がおすすめ交通事故に遭ったとき、「いつのタイミングで弁護士に相談すれば良いのだろう?」と悩まれる方が少なくありません。

弁護士に相談するなら、できるだけ早い方が良いです。今回は交通事故で弁護士に相談・依頼すべきタイミングについてご説明します。

 

1.少しでも気になることがあれば相談すべき

交通事故に遭うと、いろいろな不安を抱くものです。

  • 今後どのような流れで賠償手続きが進んで行くのか?
  • どのくらいの賠償金が支払われるのか?
  • 保険会社の言っていることは正しいのか?
  • 示談してしまって良いのか?

少しでも疑問や不安を感じたら、そのときが弁護士に相談すべきタイミングです。相談したらケースに応じて適切なアドバイスを受けられるので、安心ですし将来の無用な不利益も避けられます。

気になることがあれば、すぐにご相談下さい。

 

2.できれば交通事故直後に相談しておく

交通事故に遭った場合、できれば事故直後に一度弁護士に相談してアドバイスを受けておくべきと考えています。

事故直後は今後の流れや基本的な対処方法など、わからないことがたくさんあるものです。漠然と不安を抱えている方も多いでしょう。

弁護士に相談すれば今後の流れや見通し、とりあえず今やっておくべきことを聞けるので安心です。直後から正しい対応をしておくことで、将来後遺障害認定請求や示談交渉を行うときにも有利になる可能性が高くなります。

事故後すぐに病院に搬送されて入院なさった場合などには、退院後にご相談いただければ良いですし、入院中にご家族が先にご相談に来られてもかまいません。

 

3.弁護士に相談すべきタイミング

交通事故で以下のような疑問や不安、お悩みがおありならすぐに弁護士までご相談下さい。

  • 自分のケースでいくらの賠償金額が妥当なのか知りたい
  • 保険会社から治療費を打ち切られたら、どうしたら良いのか
  • 保険会社から示談金の提示を受けたとき、応じてしまって良いものか
  • 保険会社との示談交渉を依頼したい
  • 示談が決裂したので裁判を起こしたい
  • 後遺障害認定を受けたいので、手続きを依頼したい
  • 後遺障害認定結果に不満があるので異議申立を依頼したい
  • 過失割合に納得できない
  • 人身傷害補償保険、搭乗者補償保険の受け取り方法や計算方法を知りたい、支払われた金額に納得できない
  • 自賠責保険に被害者請求したい

当事務所では、交通事故直後から(示談交渉開始前の段階でも)被害者様からのご相談を受け付けています。弁護士費用特約を適用した受任も可能ですので、交通事故で少しでもお悩みや疑問、不満をお持ちならすぐにでもご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0454795928電話番号リンク 問い合わせバナー