高次脳機能障害

  • 交通事故後、高次脳機能障害となって仕事もできなくなった
  • 交通事故で高次脳機能障害となり、日常生活もまともに送れない
  • 高次脳機能障害の場合、どの程度の慰謝料を払ってもらえるのか?

高次脳機能障害は非常に対応の難しい症状で、ご本人もご家族様も苦しまれるケースが多数です。ご自身たちだけで悩まずに弁護士までご相談ください。

 

1.高次脳機能障害とは

1-1.高次脳機能障害は認知機能の障害

高次脳機能障害は、脳の認知機能の障害です。認知機能とは、記憶や感覚、集中や適応力などの人が生活するのに基本となる能力です。交通事故で頭部を受傷すると脳にまで損傷が及び、認知機能に障害が発生してしまうケースがあります。

それが高次脳機能障害です。同じ認知の障害である「認知症」と似たような症状が出ます。

 

1-2.高次脳機能障害の典型的な症状

高次脳機能障害の典型的な症状は、以下の通りです。

  • 記憶障害
    物事を覚えられなくなり、以前のことを忘れることもあります。
  • 適応力の低下
    周囲に合わせて適切な言動をとることが困難となります。
  • 集中力の低下
    1つのことに集中して取り組むのは難しくなります。
  • 精神状態の異常
    怒りっぽくなったりぼんやりすることが増えたり、感情の起伏が激しくなったり暴れたりなど、精神状態が変化してしまいます。
  • 失語、失行、失認など
    言葉を話したり日常当たり前にできていたことができなくなったり、物事を認識できなくなったりします。

 

2.高次脳機能障害の立証方法

交通事故で高次脳機能障害となった場合には、①脳挫傷などの原因となる傷病と②一定時間の意識障害、③精神症状を証明する必要があります。

傷病については診断書や画像により、意識障害については「頭部外傷後の意識障害についての所見」を医師に作成してもらったり、救急の記録、病院での記録やご家族の残した記録を集めたりして証明します。

精神症状については医師に「脳外傷による精神症状等についての具体的所見」を作成してもらったり「日常生活状況報告書」を作成したりして証明します。

「神経系統の障害に関する医学的所見」という医師が作成する書類も必要であり、高次脳機能障害で後遺障害認定を受けるには、理解のある医師による協力が重要です。

 

3.高次脳機能障害で認定される後遺障害の等級

高次脳機能障害となった場合に認定される可能性のある等級は、以下のとおりです。

  • 1級1号…後遺障害慰謝料は2800万円
  • 2級1号…後遺障害慰謝料は2370万円
  • 3級3号…後遺障害慰謝料は1990万円
  • 5級2号…後遺障害慰謝料は1400万円
  • 7級4号…後遺障害慰謝料は1000万円
  • 9級10号…後遺障害慰謝料は690万円

高次脳機能障害となったら後遺障害認定を受けるハードルも高く、認定後も難しい対応を迫られるケースが多々あります。弁護士がサポートいたしますので、抱え込まずにご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0454795928電話番号リンク 問い合わせバナー