むち打ち(末梢神経障害)について

追突事故などで「むちうち」になったら、治療中に保険会社とトラブルになる可能性があり、後遺障害認定もスムーズに進みにくいケースがよくあります。

交通事故でむちうちになったときの問題点や対処方法を弁護士が解説します。

 

1.むちうちで治療期間が長引くと治療費を打ち切られやすい

むちうちは、交通事故の衝撃で首の骨である「頸椎」がダメージを受けることによって発症する種々の症状です。頸椎の中には中枢神経が通っているため、事故の衝撃で歪みが生じると背中や肩、腕などに痛みやしびれなどのいろいろな障害が発生します。

むちうちになったら整形外科で治療を受けるのが基本ですが、なかなか完治せず治療期間が長引くケースが多々あります。すると保険会社から「そろそろ治療を終えるべき」などと言われて治療費を打ち切られ、トラブルになりやすい傾向があります。

また病院に行かず整骨院に通院した場合には、治療費を払ってもらえないケースもあります。

 

2.むちうちでは後遺障害を否定されやすい

むちうちでも交通事故の後遺障害認定を受けられる可能性があります。認定される可能性のある等級は一般的に12級または14級です。

ただむちうちの場合、後遺障害認定基準にあてはまることの証明が難しく後遺障害を否定されるケースも多々あります。

たとえばMRIで症状を立証できれば12級が認定されるはずですが、実際には椎間板ヘルニアが写っていても「事故前からあった既往症」「加齢によるもの」と言われるケースがよくあります。

MRIなどではっきり症状を証明できない場合には14級が認定される可能性がありますが、そもそも14級に該当する症状を充分に説明できなかったり因果関係を否定されたりして「非該当」とされるケースが少なくありません。

 

3.交通事故でむちうちになったときの適切な対処方法とは

交通事故でむちうちになったら、以下のように対処しましょう。

 

3-1.当初から適切な治療や検査を受ける

事故当初から適切な治療機関を選択し、定期的に通院しましょう。また精度の高いMRIで患部を撮影してもらうこと、神経学的検査を必要な範囲で実施してもらうことも重要です。

 

3-2.治療費を打ち切られても「症状固定」まで通院する

治療費を打ち切られたら簡単に治療をやめず、「症状固定」するまでは健康保険を使って通院を継続しましょう。

 

3-3.後遺障害認定は弁護士に任せる

むちうちで、少しでも後遺障害認定の可能性を高めるには弁護士に依頼すべきです。

後遺障害認定基準やむちうちの後遺障害で起こりがちな問題を把握している弁護士が対応すれば、ご本人よりも効果的に等級を獲得することが可能です。

弁護士が医師と連絡を取り、後遺障害診断書の書き方や実施してほしい検査などについて相談するケースもあります。

交通事故でむちうちとなり対応にお悩みの方、不安を抱えた方がいらっしゃいましたら、是非一度ご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0454795928電話番号リンク 問い合わせバナー