脊髄損傷

  • 交通事故で脊髄を損傷して一生介護が必要になった
  • 脊髄損傷では、どのくらいの慰謝料を払ってもらえるのか?
  • 脊髄損傷になったら介護費用を請求できる?

交通事故で脊髄を損傷すると非常に重篤な症状が出るケースが多数です。弁護士がお力になりますので、お早めにご相談ください。

 

1.脊髄損傷とは   

人間の身体の器官の中でも「脊髄」は非常に重要です。脊髄とは背骨の中を通っている中枢神経であり、脳からの指令を身体中の各部位に伝える働きをしています。

ところが交通事故で背骨に外傷を受けた場合、この重要な脊髄を傷つけてしまうことがあります。それが脊髄損傷です。

脊髄は身体のあらゆる器官への指令を伝える役割を果たしているので、損傷すると身体のあらゆる場所にさまざまな症状が出ます。

  • 四肢を始めとする全身の麻痺
  • 感覚異常(知覚喪失)
  • 排尿排便の障害
  • 自律神経失調による痛み

典型的な症状は麻痺ですが、完全に運動が不可となり感覚がなくなる完全麻痺と、多少とも動かせたり感覚が残っていたりする不完全麻痺があります。

また重度の脊髄損傷となった場合、本人1人では何もできなくなるので介護を要するケースも多くなってきます。

 

2.脊髄損傷で認定される後遺障害の等級

脊髄損傷となった場合に認定される可能性のある後遺障害等級と慰謝料は、以下の通りです。

  • 1級1号…後遺障害慰謝料は2800万円
  • 2級1号…後遺障害慰謝料は2370万円
  • 3級3号…後遺障害慰謝料は1990万円
  • 5級2号…後遺障害慰謝料は1400万円
  • 7級4号…後遺障害慰謝料は1000万円
  • 9級10号…後遺障害慰謝料は690万円
  • 12級13号…後遺障害慰謝料は290万円

 

3.脊髄損傷と介護

脊髄損傷で後遺障害が認定された場合、1級及び2級は要介護の認定となるので、当然に加害者へ介護費用を請求できます。

一方3級以下の場合、必ずしも介護費用の請求をできるとは限りません。

3級以下の場合、保険会社からは介護が必要ないと主張されて介護費用を拒絶されるケースがありますが、7級や9級で介護費用を認めた裁判例もあります。

被害者の状況によっては低い等級でも介護費用を払ってもらえる可能性があるので、諦める必要はありません。

 

4.脊髄損傷になったら弁護士にご相談を

脊髄損傷で後遺障害認定を受ければ、上記のような後遺障害慰謝料と高額な逸失利益を請求できます。ただし上記で示した慰謝料は弁護士基準で計算したものであり、被害者が自分で示談交渉をすると賠償金を下げられてしまいます。

同じように後遺障害に苦しんでいるのに、賠償金が2分の1や3分の1以下になってしまう例もあり、不当な結果となります。このようなことを防ぎ、被害者の権利を守るためには弁護士の力が必要です。

脊髄損傷で苦しまれているなら、弁護士がお力になりますのでお早めにご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0454795928電話番号リンク 問い合わせバナー