評価損(格落ち)を認めて欲しい方へ  

  • 物損事故で車が傷ついて、価値が下がった…
  • 保険会社が「評価損を払わない」と言っている
  • 裁判例では評価損が認められているのでは?

物損事故で車が損傷すると、修理をしても評価額が低下してしまうものです。その場合「評価損」を保険会社に請求できる可能性があります。

 

1.評価損とは

評価損とは、事故車となったことによって車の価値が低下する損害です。

車は、修理すると以前のように運転することは可能な状態になりますが、塗装などを含めて完全には元通りにならないことがあります。また事故車扱いになって評価額が下がるケースもみられます。

このような車両価値の低下は交通事故がなかったら発生しなかった損害と言えるので「評価損」として加害者に請求できるのです。評価損のことを「格落ち損」と言うこともあります。

 

2.評価損が認められやすいケースと認められにくいケース

車の評価損は常に認められるわけではありません。

これまでの裁判例を見ると、認められやすいのは以下のような場合です。

  • 高級車
  • 外車
  • 登録年数が3年以内で走行距離が短め

登録年数が3年を超えると、評価損が認められない事例が増えてきます。

ただし登録年数が3年を超えると評価損を認めない、という明確な基準があるわけではありません。件数的に減ってくるだけで、国産車で登録年数3年以上の車でも評価損が認められる可能性はあります。

また裁判で評価損が認められる場合、金額的にはだいたい修理費用の3割程度となります。

 

3.保険会社は評価損を認めない

上記のように、裁判をすると評価損が認められるケースもそれなりに多数あります。

しかし被害者が保険会社と示談交渉を進める段階では、保険会社が評価損を認めないことがほとんどです。

「評価損を主張するなら裁判をしてください」と言われるケースもあります。

このように言われると、被害者としては「請求しても無駄なのか」と考えて評価損の請求を諦めてしまいがちです。

 

4.評価損でトラブルになったら弁護士にご相談ください

実際には事故によって車の価値が低下しているのに、保険会社が「評価損を認めない」と言うからといって諦める必要はありません。特に高級車で著しく評価が低下した場合などには、裁判を起こすことによって高額な賠償金を得られるケースもあります。

自分のケースで評価損を請求できるのか、どのくらいの金額になりそうかわからない場合、弁護士にご相談いただけましたらだいたいの予測をお伝えいたします。

大切な車の格落ち損を、保険会社が認めないので納得できない思いを抱えているなら、まずは一度、弁護士までご相談ください。

 

物損事故に遭ってお困りの方へ 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0454795928電話番号リンク 問い合わせバナー