整形外科・接骨院の先生へ 

整形外科では、日々交通事故に遭ったむち打ちや骨折の患者さんを受け入れていらっしゃることと存じます。医師の先生に後遺障害診断書の作成をお願いされる方も多いのではないでしょうか?

そのようなときには弁護士が後遺障害認定制度や認定基準などの必要な情報を、先生にお伝えすることが可能です。

また整骨院や接骨院の先生も、交通事故のむちうちの患者さんを積極的に受け入れておられるでしょう。治療費や治療期間を巡って任意保険会社とトラブルになった場合、弁護士がサポートいたします。

交通事故被害者の患者さんへの対応で迷われましたら、お気軽に弁護士までご紹介ください。当事務所にて、無料法律相談をさせていただきます。

 

1.整形外科に求められる対応

交通事故に遭うと、被害者はむちうちや打撲、骨折や捻挫などの傷害を負うケースが非常に多数です。このようなとき、まずお世話になるのが整形外科です。

整形外科で適切な治療を受け、症状固定時に後遺障害が残っていたら医師の先生に後遺障害診断書を書いていただき、後遺障害等級認定を受けられるのが交通事故の仕組みです。

後遺障害を受けるためには、後遺障害の認定基準に合致するように資料を揃えて診断書なども提出しなければなりません。

患者さんの今後の生活のためには十分な補償を受ける必要がありますが、そのためには医師と法律家との連携が必要です。

当事務所では、医療機関との連携を強化して、交通事故被害者の方への救済を進めていきたい考えを持っております。患者さんから、保険金請求や後遺障害に関するさまざまな対応について相談されたなら、弁護士と協力して対応を進めていきましょう。

 

2.整骨院と任意保険のトラブル

整骨院や接骨院でも交通事故の患者さんを積極的に受け入れていることと存じます。治療費は保険会社から支払われるのが基本ですが、整骨院の場合には、治療期間が長引いてくると治療費打ち切りのトラブルが発生しやすいです。また「整骨院での治療期間を損害額算定の基礎に含めない」と主張する保険会社もあります。

患者さんから任意保険とのトラブルを相談されて対応に困る先生もおられるでしょう。

そのようなとき、被害者の方を弁護士にご紹介いただけましたら、無料で適切な対処方法についてのアドバイスをさせていただきます。

当事務所では、交通事故の事件処理を進めていくとき、交通事故に理解の深い医療機関との連携が非常に重要と考えております。できることなら貴院と提携関係を構築し、協力して患者様への強力なサポートを行いたい所存です。

貴院と患者様、そして弁護士のすべてがwin-win-winとなれるような関係を構築していきましょう。

ご関心をお持ちお医療機関様は、お気軽にお問い合わせください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0454795928電話番号リンク 問い合わせバナー