交通事故に強い弁護士の特徴、選び方

交通事故に強い弁護士の特徴、選び方

交通事故に強い弁護士の特徴、選び方

 

交通事故に遭ったとき、「弁護士に相談したい」と思ってもどうやって弁護士を選んだらよいかわからない方が多いでしょう。

 

実は弁護士にもいろいろな得意分野があり、誰に相談してもよいわけではありません。

 

弁護士に交通事故について相談したり示談交渉や後遺障害認定を依頼したりするなら「交通事故に強い弁護士」を選ぶ必要があります。

 

一般の方には弁護士の選び方がわからないケースが多いと思われますので、この記事では「交通事故を得意とする弁護士」の特徴や選び方をご紹介します。

 

1.          交通事故に強い弁護士とは?

そもそも交通事故に強い弁護士とはどういった弁護士なのでしょうか?

 

弁護士は医者と異なり「専門の診療科」に該当する制度がありません。

医者なら「内科」「眼科」など専門の診療科を受診すればよいのですが、弁護士の場合には「交通事故専門」「離婚専門」などという分類はなく、単に「法律事務所」と表記されるだけです。

 

ただ、実際には弁護士によって得意分野や注力分野が異なります。

普段から交通事故を中心的に取扱い、力を入れている弁護士がいる一方で、交通事故は年間通じてほとんど扱わない方もおられます。

 

当然、示談交渉や後遺障害認定などを依頼するなら、交通事故に積極的に取り組んでいる弁護士に依頼する方が有利になりやすいでしょう。

 

このように「交通事故に熱心に取り組んでおり、取扱件数も多い弁護士」を一般的に「交通事故に強い弁護士」といいます。

 

 

2.          交通事故に強い弁護士に依頼するメリット

交通事故に強く得意としている弁護士に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

 

 

2-1.有利な結果を獲得しやすい

弁護士の取り扱い分野にはいろいろあり、得意分野も人によって異なります。普段交通事故を余り取り扱っていない弁護士に依頼しても、有利な結果を獲得するのは難しくなるでしょう。

後遺障害等級認定の獲得方法、過失割合の争い方などについても、専門の知識やノウハウがなければ依頼者の希望とおりの結果を獲得するのは難しくなります。

 

一方で、交通事故に慣れておりノウハウを蓄積している弁護士に依頼すると、より高額な賠償金を獲得しやすくなるものです。

自分で保険会社と示談交渉をして相手の言い分に不満がある場合、交通事故に強い弁護士に依頼すると一気に賠償金が増額される事例も少なくありません。

 

 

2-2.スムーズに解決できる

普段から交通事故案件をあまり取り扱っていない弁護士は、事件処理をスムーズに進めにくい可能性があります。

ノウハウが蓄積されておらず逐一調べなければならないので、どうしても対応が遅くなりがちです。また、他の注力案件を優先しなければならないため、注力分野でない交通事故案件を結果的に後回しにせざるをえなくなる可能性もあります。

 

一方で、交通事故を得意とする弁護士は、各ケースにおいてどのように進めるべきか適切に判断できます。交通事故が最注力分野であれば、もっとも優先して取り組むでしょう。

結果として案件をスムーズに解決できて、依頼者にストレスがたまりません。

 

3.交通事故を得意とする弁護士の選び方

交通事故を得意とする弁護士は、何を基準に選んだらよいのでしょうか?

弁護士にはさまざまな特徴があり、相談前、依頼前にある程度は調べることができます。

以下のようにして選んでみてください。

 

3-1.交通事故の実績が高い

まずは弁護士の交通事故案件解決実績に注目しましょう。これまでの実績が高く解決事例なども示されている弁護士なら、安心感があります。事故対応にも慣れていますし保険会社からのよくある主張も熟知しているので、効果的に反論できるのが通常です。

資料の収集や分析もスムーズにできるでしょう。

 

解決実績は、各法律事務所のサイトで公開されているケースがあります。年間や累積の相談件数、解決件数などが書かれていたら、参考にしてみましょう。

また弁護士と相談するときに、どのくらいの件数をこなしているか聞いてみる方法もあります。これまでの「解決事例」が掲示されている場合も、参考にしてみてください。

 

当事務所でも設立以来たくさんの交通事故案件を解決に導いてきた実績があるので、安心してご相談下さい。

 

2-2.研究熱心で交通事故に詳しい

交通事故の分野では、日々新しい裁判例が出ており法改正もあります。

適切に対応するには、弁護士としても「日々の勉強、研究」が必須です。

最新情報を把握していれば、保険会社からさまざまな主張をされても、判例などを根拠に反論できて有利に示談交渉を進められるでしょう。

常に研究熱心で最先端の情報を持っており、交通事故に詳しい弁護士に対応を依頼するようお勧めします。

 

弁護士が研究熱心かどうかは、以下のような観点からある程度判断できます。

  • 交通事故に関する本を執筆している
  • ウェブサイトなどで交通事故事件処理や最新判例などについてわかりやすく解説している

 

知識とノウハウを蓄積している弁護士に依頼したら、後遺障害認定も受けやすくなりますし示談も有利に進めやすくなるものです。当事務所でも交通事故について日々研究を重ね、最新の情報を入手して対応していますので、よければご相談ください。

 

 

 

2-3.コミュニケーションを取りやすい

弁護士を選ぶときには「相性」「話しやすさ」「説明がわかりやすいこと」も重要です。

 

コミュニケーションを取りにくい人に依頼してもスムーズに手続きが進まないケースがありますし、ストレスが溜まってしまう可能性も高くなるでしょう。中には依頼者の希望とは異なる方向へ話を進められてしまい、依頼者が不安を抱えてしまう事例もみられます。

 

相性が良いかどうかは、弁護士と直接話をしてみればある程度判断できるものです。当初に相談したときに「親身になってくれる」「信頼できる」「何でも相談できる」と感じられる人を選んでみてください。

 

なお知り合いが「お勧め」といっていても、その人が必ずしもあなたに合うとは限りません。自分の目と耳で得た感触をもとに判断しましょう。

 

当事務所では、「弁護士は敷居が高い」などと言われないように常に親身になってお一人お一人の依頼者様へ対応させていただいています。

 

3-4.後遺障害認定に詳しい、実績が高い

交通事故トラブルを解決するために、後遺障害認定を避けてとおることはできません。

交通事故の被害者には、さまざまな後遺障害が残るケースが多々あります。

むちうちになる方も多いですし、骨折や腕や脚、歯や顔面の傷跡、脳障害などもすべて後遺障害につながる可能性があります。

 

後遺障害が残ったときに適切な補償を受けるには、自賠責で「後遺障害等級認定」を受けなければなりません。このとき、弁護士によって後遺障害認定の対応スキルに差があるケースもあります。

普段から多数の交通事故案件を取扱い、後遺障害認定のノウハウを蓄積している弁護士であれば状況に応じて適切な方法を選択し、より高い等級を獲得してくれるでしょう。

 

一方、「後遺障害等級認定の手続きは初めて」という方に依頼しても、等級認定を受けにくいことは想像に難くありません。

 

交通事故で後遺障害が残った方は「後遺障害認定に詳しい」「後遺障害認定実績の高い」弁護士を選ぶ必要性が極めて高いといえるでしょう。

 

4.交通事故に強い弁護士の探し方

実際に交通事故に強い弁護士は、どのようにして探せばよいのでしょうか?

主には以下の3つの方法がありますので、順番にみていきましょう。

 

4-1.知人や友人の紹介

知人や友人、親戚などが過去に弁護士にお世話になったり、知り合いが事業家で顧問弁護士がいたりすると、そういった弁護士を紹介してもらえる可能性があります。

メリット

知っている方からの紹介であれば、安心して依頼しやすいでしょう。いきなり法律事務所の門を叩くことに不安を感じる方でも、紹介してもらったら電話やメールなどでコンタクトをとりやすいものです。

 

デメリット

知人や親戚などと相性の良い弁護士でも、自分と相性が合うとは限りません。

また紹介してくれる弁護士が必ずしも交通事故に強いとも限らないでしょう。

たとえば知人が離婚でお世話になった弁護士を紹介されても、交通事故に関しては頼りになりにくい可能性があります。

 

さらに知人や友人に紹介してもらったら、「合わない」と感じても断りにくいこともデメリットとなるでしょう。違和感をもちながら依頼すると、だんだんと不満が高まっていくケースも多いので注意が必要です。

 

 

4-2.弁護士会や法テラスで相談

弁護士会や法テラス、市役所などで弁護士相談を利用して、そのまま担当弁護士に依頼する方法もあります。

メリット

法テラスや市役所では、無料相談を利用できるケースが少なくありません。なるべく費用をかけたくない人にはメリットとなるでしょう。

また弁護士会や法テラスへ申し込むのは、直接法律事務所へコンタクトをとるよりハードルが低いと感じる方も多いでしょう。

 

相談しても気に入らなかったら依頼しなければよいので、相性が合わなかった場合に断るのも容易です。

 

デメリット

法テラスや弁護士会、市役所で相談できる弁護士は、交通事故に強いとは限りません。こういった場所では弁護士が「持ち回り」で対応しているためです。

年齢、経験年数、男女の別、得意分野などを指定できないので、誰にあたるかは「その日の運次第」ともいえるでしょう。

 

またこうした場所では相談時間が限定されるケースも多々あります。

まだ必要なことを話せておらず充分なアドバイスをもらえていないのに、制限時間が来て途中で話を打ち切られるケースが少なくありません。

じっくり話をして弁護士を選びたい方にとってはデメリットとなるでしょう。

 

 

4-3.インターネットを使って探す

3つ目は、ネットを使って弁護士を検索する方法です。

弁護士事務所のホームページやオウンドメディアの内容を確認したり、またはポータルサイトで全国の弁護士を探したりもできます。

 

情報検索するときには「東京都 交通事故 弁護士」「弁護士 無料相談 交通事故」などの検索ワードで探してみるとよいでしょう。

 

メリット

ネットで情報検索する場合、自分の希望に合った弁護士を探せます。

  • 交通事故の実績が高い弁護士
  • 自宅や勤務先から近い法律事務所
  • 夜間や休日に対応してもらえる法律事務所
  • 年齢や経験年数、プロフィールを確認して希望に近い弁護士を探す

上記のように、好みに応じた弁護士を見つけやすいですし、無料相談を受けつけている弁護士事務所もたくさんあります。

 

デメリット

ネットで弁護士を探す方法は、問合せのハードルが高くなりがちです。いきなり知らない弁護士事務所に電話やメールを送ることに抵抗を感じる方もおられるでしょう。

いろいろな弁護士事務所のホームページやポータルサイトを見比べると、手間や時間もかかります。

 

 

4-4.お勧めの方法は

交通事故にくわしい弁護士を探す方法を3つ挙げましたが、もっともお勧めできるのはネットを使う方法です。

他の2つの場合、「交通事故に強い」弁護士を選べないからです。多少の手間と時間をかけても、自分で情報検索してできるだけ交通事故に注力している弁護士を探すのがよいでしょう。

 

5.交通事故に強い弁護士を探す際のポイント、注意点

交通事故に強い弁護士を探したい場合、以下の点に注意してください。

5-1.弁護士費用

弁護士に依頼すると、弁護士費用がかかります。同じ案件でも事務所によって価格が異なるケースが多いので、注意しましょう。

弁護士費用は、各法律事務所が個別に取り決めています。「高いほどよいサービスを受けられる」というものでもありません。また費用体系が明確なことも重要です。

 

事前に着手金や報酬金などの相場を調べておいて、相談時に弁護士から見積もりをもらい、これまでの実績や話したときの印象なども考慮しながら依頼する事務所を選定しましょう。

 

5-2.全国対応か地元の弁護士か

交通事故に対応する事務所は、全国展開の大事務所と地元の中小事務所に分けられます。

全国展開している事務所は、当然のことながら取扱件数は多くなるでしょう。複数の弁護士がチームで対応していることも多く、依頼者にとっては心強いかもしれません。ただ弁護士1人1人の取扱い件数がさほど多いわけではなかったり、地域によっては事務所が遠くて相談しにくかったりする可能性もあります。

 

地元の弁護士事務所の場合、自宅や勤務先から近い事務所を選べば相談に行きやすいでしょう。弁護士が地域の特性を知っているため、柔軟に対応してもらえたり現場検証にも言ってもらいやすかったりするケースもよくあります。対面で親身になってしっかり話を聞いてくれる弁護士も多いでしょう。

 

両方で相談をして気に入った方に依頼するのも1つの方法です。

 

当事務所でも、交通事故被害者への支援に力を入れております。横浜の地元のみなさまに寄り添いながら、ストレスのない生活を実現するための法的サポートを提供します。

交通事故に遭われて弁護士をお探しの方がおられましたら、是非とも一度ご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0454795928電話番号リンク 問い合わせバナー