秘伝!!交通事故の弁護士の選び方(むちうち編1)

横浜クレヨン法律事務所です。

 

本日は、弁護士が絶対に教えてくれない、交通事故の弁護士の選び方を公開しようと思います。

これは、交通事故を専門とする弁護士が「公開されたくない」情報です。本シリーズは、連載形式にしようと思いますので、ぜひ他の記事も見てみて下さいね。

依頼者の事を考えていない弁護士は絶対に教えてくれない情報となります。

※ 今回の話は、弁護士費用特約が使えない依頼者様の話となりますので、弁護士費用特約があるよ、という方には参考にならないかも知れません。

 

「交通事故でむち打ちになってしまった!」「慰謝料はいくら貰えるのだろうか?」

と感じたとき、あなたは、交通事故 弁護士 などで検索し、弁護士に依頼すれば慰謝料の増額ができることを知ると思います。

そうすると、弁護士に依頼した方が良いのかな?弁護士を探すにはどうしたら良いのだろうと思うでしょう。

 

弁護士費用特約がついていれば、弁護士費用の心配をする必要はないのですが、弁護士費用特約がついていない場合、

「もしかしたら増額できる額より、弁護士費用の方が高くなってしまうのでは?」

と思うかもしれません。その感覚はすごく正しいと言えます。

悪質な弁護士は、このことを言わずに契約を締結させますので、ご注意下さい。

 

では、具体的に、どうのように弁護士を選んだら損が出ないのでしょうか

まず、次の言葉を頭に刻んで下さい。

「むち打ちの慰謝料の増額交渉では、事前に相手の保険会社の提示がないと、依頼者が得をするか損をするかは弁護士でも分からない」

ということです。

これは考えてみればすごく簡単なことです。

その弁護士のおかげでいくら増額できたのかということは、事前に相手の保険会社がいくらの示談金額を提示しようと思っていたかが分からないと計算のしようがないからです。

最初の額から増額できた分-弁護士費用 が依頼者の利益になるんですから、当たり前ですよね。

 

ですので、軽微な事故で、弁護士費用特約がついていないのに、相手の保険会社の事前提示がない段階で、一生懸命契約しようとしてくる法律事務所は「増額できるかどうか、計算できないのに増額できる保証などない」のに、「増額できますよ」と言っている可能性がありますので、ご注意下さい。

 

もちろん、保険会社の事前の提示がない場合でも、弁護士を入れて損はしないだろうという事案はあります。それは、

① 主婦で通院期間が数カ月を超える場合

② 後遺障害がついている場合

③ 怪我や症状が酷く、後遺障害になる可能性が高い場合

の三つです。

①の場合は、保険会社が主婦の休業損害をそもそも、計算していない、計算していても額が低いケースがほとんどであり、慰謝料の増額の他に、その部分の増額で大きなメリットがあるからです。

②の場合は、後遺障害がついている場合は、保険会社の提示と弁護士の計算する額とでは2倍3倍、と大きく差が出る可能性があるので、先に弁護士を入れてもほとんどの場合依頼者に経済的なメリットがあります。

③の場合は、後遺障害の獲得のために、弁護士の目線で事故直後から適切な医学的な検査や記録をつけた方がよいケースが多いからです。また、怪我や症状が重いときは、そもそも慰謝料が高額になるケースが多いです。

 

いかがでしょうか。

事故でむち打ち症になった方で、慰謝料の増額を考えている方は、主婦の人以外は、保険会社の提示があるまで弁護士に受任してもらう必要はありません。事故直後にどんな対応をしたらよいのか、どんな検査をしたら良いのかを知りたいのであれば、無料法律相談をしている事務所はたくさんあるので、無料法律相談をすれば良いということですね。

もちろん、横浜クレヨン法律事務所では、むち打ちについて、事故直後のしておいた方が良い医学的な検査方法について、無料法律相談を実施しております。

 

交通事故で被害にあわれた方で、交通事故に強い弁護士をお探しの方、ぜひ横浜クレヨン法律事務所ご相談いただければと思います。 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0454795928電話番号リンク 問い合わせバナー